カールツァイス双眼鏡 2008サンクスキャンペーン

2008年05月27日

セール期間中にカールツァイス双眼鏡ビクトリーFLシリーズをお求めいただいて、キャンペーンに応募された方にもれなく1万円分の商品券とツァイス特製ネックストラップ(非売品)をプレゼントいたします。(2008年6月1日~2008年7月31日)

◆ビクトリーFLシリーズのサイトはこちらです。

▼(詳細はチラシにて=クリックで拡大します)
2008キャンペーン


【ビクトリーFLシリーズ】
どんな条件下でも抜群の耐久性を発揮する頑強なボディ。色のにじみがほとんど無い鮮明な画像と色彩を実現したフローライトイオンを含む高性能ガラス。

カールツァイスビクトリーシリーズはスポーツ仕様の双眼鏡として抜群の明るさと性能の集結に成功した、数多くの革新技術が融合するアウトドアオプティクスです。

00カールツアイスコメント(0)


遠くの物をもっと近くにはっきり見たい

2007年12月09日

人類が最初に望遠鏡を手にしたのは17世紀。ドイツ人のメガネ屋さん「ハンス・リッペルスハイ」がメガネレンズの組合わせで遠くの物が大きく見える事を発見したのが始まりという。

その機能と性能を飛躍的に高め、完成させたのはドイツのカールツァイス。1894年に最初の双眼鏡を世に送り出して以来、双眼鏡に求められる性能「明るさと鮮明度」で高い技術力を誇り、他の追随を許さないキングメーカーとして、また多くの技術論文に登場する光学機器メーカーとして最も有名なブランドである。

「ビクトリーFL」は色のにじみを最小限に抑え明るさを追求した「フローライト系対物レンズ」を採用したフラッグシップモデル。植物や昆虫など小さいものには2メートルまで近寄れる。完全防水で軽量かつ堅牢なボディーは冬の星空観察、バードウォッチングでもその実力を充分発揮してくれる。

ここ数年の地球は莫大な数の流星群が地球の夜空を彩るという。これは人類史上でも類を見ない出来事だそうだ。暗い夜空で展開される一生に一度の芸術は最高性能のカールツアイスで堪能したいものである。

00カールツアイスコメント(0)


カールツアイス製品の送料について

2007年11月19日

メガネのいとうでは、日頃のご愛顧に感謝して、カールツアイス製品の送料(5000円以上)についての別途送料を撤廃いたしました。

以上により、全てのカールツアイス製品について、ご購入時のご負担を低減する事が出来ました。

今後とも、より一層サービスの充実に努めて参る所存でございます。一層のご愛顧を宜しくお願い申し上げます。

00カールツアイスコメント(0)


カールツアイス製品のWEB販売を開始しました

2007年05月28日

カールツアイスの歴史は3世紀に及び、光学機器、精密機器のメーカーであると同時に、他の追従を許さない性能から、多くの化学・技術論文に登場するブランドとして、ワールドワイドにその名を知られております。

この度、カールツアイス社の「双眼鏡とルーペ」をWEBショップにて販売を開始いたしました。カールツアイスの製品はドイツのクラフトマンシップによる、一貫して妥協を許さない、名実共に“世界のTop Brand”として揺るぎない地位を築いている製品です。

様々な環境を想定して作られた双眼鏡は、本体に窒素ガス封入され完全防水で内部にゴミや埃の侵入を防ぎ、レンズ・プリズム表面のカビの発生を防止する優れた機能を持ち、薄暮時のハイコントラストと高解像力は他社の追随を許しません。また視野の広さも大きな特徴と言えるでしょう。

手軽にカールツアイス製品の良さをわかっていただける商品として「VisuCard」がございます。厚さ0.8mmの名刺サイズで手帳などと一緒に持ち歩くことが出来、細かな物を広い視野で周辺部までスッキリとごらんいただけます。ハードコートを使用した高品質のルーペですのでカールツアイス製品の良さを体験していただけます。

メガネのいとうでは、皆様の信頼に応えるべく、「カールツアイスジャパンからの正規ルートでコンシュマー製品の全て」をお届けいたします。

双眼鏡はこちらから  ルーペはこちらから

03双眼鏡(オペラグラス)


単眼鏡のお薦め

2006年03月20日

 冬は寒くてアウトドアは苦手という方にお薦めなのは美術館や博物館。室内の温度は快適ですし、常設・企画展などゆっくりと味わいながら過していると時間の経つのを忘れてしまうばかりか、万歩計の数値も自然とアップして心身の健康には一石二鳥といえるでしょう。

 すこし照明が暗かったり、ガラスに反射して見にくいといったことを経験したことがありますが、そんな時単眼鏡をお使いになっている方がいました。ガラス越しにみる展示物ですから、見えにくいのですが双眼鏡だとかさばるし、単眼鏡ならバッグのすみにおさまるので、私も使ってみたいなと思いました。単眼鏡というと、なんだか宝石の鑑定師の方がお使いになるものとばかり思っていましたが、趣味の世界でも活用されている便利なものなのですね。

00カールツアイスコメント(0)


世界最高級のカールツアイス

2005年08月12日

世界最高級のカールツアイスはやはり凄い

00カールツアイスコメント(0)